--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-01(Mon)

ミナミさんちのおちびさん

 こまめに書かないから書くことが溜まるんだよ!と自分に逆切れ中ですこんばんは。

 ちなみにブログ書いてない間は、録画していた『硫黄島からの手紙』や『壬生義士伝』を観ていました。『硫黄島~』は録画に失敗したらしく、最後の最後、栗林中将がほにゃらららの場面の直後で録画終了という、非常にストレスの溜まる展開を見ました。ちょ、これのラストを観るためにはまたここまで観なきゃいけないのですかゴッドと叫んでもどうにもならないので、お口直しに『壬生義士伝』を。これは以前にも観たんですが、何度観ても夏川結衣さんの美しさに目を奪われます。綺麗なお姉さんは大好きですw

 あとはこんなのを作ってました。

blue koala01

 青いコアラ。編み図なしで適当に作っているので、これが3体めですけど全部違う顔ですw

blue koala f01

 お友だちは試行錯誤中。種族は犬らしいですが、犬として作るとかけ離れていく罠。あと、象と虎と白熊とコアラの家族を作らねばなりませんが、ちょっと休憩したい感じです。

 と、ザリガニ飼育からも表題からもまるきりかけ離れたことを延々と語っておりましたが、ミナミさんに戻りましょう。なに、すぐに終わります。

 お伝えしたかったのはこれ。

c-minami08.jpg

 ……なんだお前? なにゆえネットの外にいるの?

 なにせ、初めてのミナミさん飼育なので、過保護なのは自覚しつつも抱卵個体&稚エビはベビールームに確保という方針でやってきてるわけですが、どうやら卵を残したまま脱皮した殻から発生したと思しき稚エビを水槽内に確認しました。しかも、結構でかいので、1号の子どもと思われます。

 そうかあ、メダカが一緒でも育つのかあ。と、ちょっと脱力しましたが、当分は隔離の方針を変えずに行こうと思っています。なんでもいいから早く育ってー。

 あ、あともう一個。
 コケ取り要員が住んでいるくせにコケに侵食されているミナミ水槽にカワニナを入れました。

c-kawanina01.jpg

 ちっちゃすぎてピントが!

 えー、ブラボー水槽で増えた赤ちゃんカワニナ2体なので、どこまで戦力として計算していいのかさっぱりわかりません。あったかくなったらカワニナ取りに行くんだ…。
スポンサーサイト
2010-01-02(Sat)

あけましておめでとうございます。

 今年もよろしくお願いします。

 ちょっとじゃなくて眠いので簡潔に。ごめんね適当なブログで。

 3匹目の抱卵ミナミさんの卵が無事に孵ったようなので、親ミナミさんを隔離ネットから出しました。んでもって代わりに4匹目の抱卵ミナミさんを隔離ネット内にご案内。ちなみに全部1月1日のことでしたよー。


 関係ないですが、みゆちゃんの卵はみんなベビーカステラみたいに二色分裂しました。でも、あれだけもっさりくっついていたボール状の塊がいまやスカスカになってしまっています。これは、私が水換えとかしてたからなのか、それともこういうものなのか。スカスカっていっても、腹肢1本にそれぞれ10個ずつくらいはくっついているようなので、えらい数といえばえらい数ですが。全部孵ったら大事ですよベイビー。
2009-12-29(Tue)

☆ミナミさんの経過写真(ピンボケ)

 一応ですね、経過を撮影してみてはいたのですよ。いつもどおりピンボケなんですけど。
 で、ちょっと気持ちが落ち着いたのでアップしてみようかなーと思いました。

c-minami04.jpg

 これは前日の夜、ご飯中の写真です。ピンボケのうえネット内のためえらいボケ具合ですが、白く霞んだ向こうに抱卵個体が2体見られると思います。このときはまだ元気にご飯を食べておりました。

c-minami05-1.jpg

 これが当日、気がついたときかな。水面近くを落ち着きなくうろうろしていた頃です。胸殻はすでにビラっとしていました。写真で見ると、すでに赤く染まり始めている胸と尾っぽ部分の境目だけ白くなっていると思います。ピンボケですが、まだこのときには目が生きておりました。

c-minami05-2.jpg

 これは夕方ぐらい。ネット内をうろうろと彷徨ったあげく、お昼頃と同じ位置で動かなくなりました。胸と尾っぽの境目の白がピンボケにもかかわらずよくわかるんじゃないかと。

c-minami05-3.jpg

 んでもって、☆確定時。残された卵がなんとかならないかとぐぐった結果、やはりどうにもならなそうだとあきらめて(弱って死んだ個体が持っていた卵はなぜかそれ自体も弱いというお話)、ブラボー水槽に投入。スジエビ葬にしました。その前に撮影。これだけ色づいてもピンボケにしかならないってどういうことさと自分に問いたいです。オートフォーカス解除できないんですかねカシオさん。

 ☆を見送ってから一日たって、結局は開き直るしかないんだという境地には達したのですが、それでもやっぱりテンションは低いですね。稚エビは元気にじっとしているので極端な水質悪化というわけではなさそうですし、もう、その個体の寿命だったんだと自分に言い聞かせております。ううう、早く稚エビが大きくなーれー。
2009-12-28(Mon)

ミナミの母が☆に

 リアルにショックを受けて凹んでおりますので、簡潔に。

 今朝ミナミ水槽を覗いたところ、隔離ネット内の母のうち1匹のおなかから卵が離れ始めておりました。単純計算だと明日以降に孵化するかなーというところだったので、ほぼ予定通りかなとほくほくしておりました。

 孵化が楽しみだったのと、どんな風に卵が離れていくのか見たかったので、ちょこちょこと水槽を見ていたんですが、お昼頃になってこのミナミさんに異変が。

 水面近くのネットに掴まって横倒しになっているミナミさんの胸殻がビラビラしている!

 あ、脱皮か!?と思ってまずは慌てました。まだ目測で9つくらいは卵がくっついているようだし、もうちょっと待って~と。
 けれどすぐ、これはもしかして脱皮に失敗してるんじゃないかと気がつきました。ミナミさんはいつまでも横倒しのまま脱皮が進む気配がなく、殻が徐々に赤みを帯びていきます。赤みを帯びたことで、頭とお尻の部分の殻が完全に離れていることが確認できました。やっぱり脱皮が関係していることは間違いなさそうですが……これは……。

 それでも夕方まではネット内を異動する姿が確認できましたが、夕ご飯の頃に覗いたところ、完全に命を失った姿を目にすることになりました。水面近くに引き上げて確認したところ、おなかの卵はやはり10個程度残っているのが目視できました。他の卵は孵化したのだと信じたいと思います。ひとつでもいいから、命を繋いでいてほしいです。

 なんかね、とてもショックです。ミナミ水槽を立ち上げて二ヶ月。一ヶ月に1匹☆にしてしまったことになりますが、何が悪いんだろう。やっぱり水質なのかなぁとか色々考えるところはあるのですが、ちょっと今は考えるだけの精神力が残っていないので、明日以降に考えようと思います。抱卵個体が逝っちゃったことが思いのほか堪えました。孵化させてあげたかったなぁ。ほんとに。
2009-12-27(Sun)

どうやら

 ミナミの記事ばかりで申し訳ないですが、記録しときますねー。

 先日抱卵を終えたメスの卵巣付近が、またもやみっちりしてきました。早いなー。
プロフィール

ひろ

Author:ひろ

表題の状況から始まったザリガニ飼育。
その後追加で2匹捕獲。
水槽内で孵化した個体も含め、現在6匹飼育中です。
飼育に対するアドバイスなどいただけると喜びます。
記事へのコメントはお気軽にどうぞ♪

我が家のザリガニさんたち:
 ・ピカリ(オス)
 ・みゆちゃん(メス)
 ・名無しくん(ブラ×ふむ・オス)

 ・ふむちゃん(メス)
 ・シプレ(ブラ×ふむ・メス)
 ・コフレ(ピカ×みゆ・オス)

 ☆ブラボー(オス)10/10/07

我が家の水槽状況
ピカリ水槽(40センチ)
〔ロカボーイM(プロ)〕
〔大磯砂・珪砂〕
 ・ピカリ(オス)
(脱皮:8/3)
 ・みゆちゃん(メス)
(脱皮:7/26、8/29、9/30)
(抱卵:12/9→2/1)
(脱皮:2/4、3/2)
 ・名無しくん(オス・ブラ×ふむ)

ブラボー水槽(40センチ)
〔水作エイトブリッジS〕
〔大磯砂〕
 ・ふむちゃん(メス)
(脱皮:7/30、9/13)
(抱卵:2/8→)
(脱皮:4/2、4/26)
(抱卵:9/27→)
 ・コフレ(オス・ピカ×みゆ)
 ・シプレ(メス・ブラ×ふむ)

ミナミヌマエビ水槽(40センチ)
〔水作M〕
〔大磯砂〕
 ・ミナミヌマエビわらわら

ベタ水槽(30センチ)
〔コトブキプロフィットフィルターF1+底面〕
〔白大理石・飾りガラス〕
 ・マク(オス)



 ・ブラボー(オス)10/10/07
(脱皮:09/7/15、8/21、8/30)
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の餌(Twitter)
ザリガニ関連ブログRSS
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。