--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-10(Mon)

みゆちゃんの娘、無事脱皮

 脱皮直後を隻眼ヨッシーに襲われ、両ハサミ、脚4本に顔の半分を食われてしまったみゆちゃんの娘ですが、無事に脱皮してくれました。ほんっっっっっとうに安堵しました。

 脚はともかく、顔の傷がね、脱皮の障害になるんじゃないかととても心配だったのです。これからのことはわかりませんが、とにかく一度脱皮に成功してくれて本当に嬉しいです。よかったなぁ。

 今回の脱皮により、両ハサミと脚は再生したようです。まだ怯えてて鉢の後ろからあまり出てこないのでちゃんと確認できないのですが。脱皮殻にはレッチェリが群がっておりました。お前ら、少しは残しておいておくれ。

 さて、ハサミが復活したことにより、この娘(命名:シフレ)の処遇をどうするかが新たな問題となりました。このままミナミ水槽に置いておいて、エビの捕食者となってしまうのは避けたいのです。さてさてどうするかなぁ。
スポンサーサイト
2010-04-26(Mon)

ふむちゃん脱皮。

 なんだか黒ずんだなー、ちょっと神経質だなーと思っていたら殻が浮いたのでびっくり! 急いでブラボーを隔離したところ、あっというまにお脱ぎあそばされました。早かったー。

c-fumu18.jpg

 みゆちゃんのときもそうでしたけど、抱卵明けの脱皮から間をおかない脱皮でした。そういうものなのかな。

 ちなみにこちらは隔離されたブラボー。

c-bravo15.jpg

 明らかに狭いです。ごめんね、ちょっと我慢してね。
2010-04-02(Fri)

ふむちゃん脱皮

 抱卵強制終了後、初の脱皮です。これで子育てリセットなんですねー。ニンゲンも出産でついたアレコレを脱ぎ落とせたらいいのにねー。

 と、ちょっと遠い目になりながら、脱皮を激写。

c-fumu17-1.jpg

 クオリティはいつもの感じです。

c-fumu17-2.jpg

 真っ黒けですね。

 みゆちゃんを見るに、抱卵後1回目の脱皮ではそれほど大きくはならなかったんですが、ふむちゃんはどうかな?
 あんまりにも小さいままお母さんになってしまったふむちゃんなので、ちょっとは大きくなってほしいなと思っています。小さいのもかわいいんですけどね。

 おまけは水中化を試みているハイゴケ。

c-haigoke01.jpg

 ミナミ水槽に入れていますが、みんなに大人気(?)です。何がくっついてるんだろう…。
2010-03-02(Tue)

脱皮したみゆちゃん

 ついったーで呟いてましたが、先日脱皮したばかりのみゆちゃんが再脱皮してしまいました。大丈夫なのかな。
 食欲は落ち着いてきたなーぐらいでみていたんですが、脱皮の前日になっていきなり何も食べなくなりまして。あれ?と思ったらいきなり殻が浮いてみるみる脱皮と……前兆がわかりにくかったです。殻がちょっと浮いてから脱皮にいたるまでも早かった。

 んで、脱皮の写真ですが、その前に。

c-miyu22-0.jpg

 これはみゆちゃん脱皮前のピカリ水槽です。アナカリ様が食い尽くされました。

c-miyu22-1.jpg

 そして脱皮。急いでセパレーター設置しました。

c-miyu22-2.jpg

 場所はタコツボの前でした。脱ぎ殻の左手親指(?)が折れてるのがわかりますか? これ、前回の脱皮が落ち着いた頃、セパレーターを外した直後にピカリとやりあって折れちゃったみたいなんです。拙宅ではじめての欠損で私もショックだったんですが、みゆちゃんもショックだったのかな。

c-miyu22-3.jpg

 その欠損部分、今回の脱皮では完全には直らなかったようです。残念。そのかわり、身体はすんごく大きくなりました。

c-miyu22-4.jpg

 映り込みがひどくて見難いですが、ピカリとみゆちゃんの大きさを比較してみました。ピカリより二周りくらい大きくなっちゃって、このままペアでいられるのかなとちょっと心配です。いつセパレーター外そうかなあ。
2010-02-04(Thu)

みゆちゃん脱皮

 忘れないうちに記事だけ立てときます。いまちょっと風邪引いてつらいので写真は後ほど追加。(←2/8 追加しました)

 ベタの病気でバタバタが続く本日、いい加減外殻の浮きが目立ってきていたみゆちゃんがついにお脱ぎあそばされました。

c-miyu21-1.jpg

 写真は外殻が浮いていたみゆちゃんです。左の写りこみは気にしない方向で。

 つれあいが出勤した直後ですね。気がついたときには、横倒しになったみゆちゃんが半分脱いだ状態だったんですが、それが塩ビ管の前というちと狭いスペースだったもので、悪い意味でドキドキしながら見守っていると、そんな心配など関係ないねとばかりにするりとお脱ぎになりました。

c-miyu21-2.jpg

 脱皮直後。脱いだばかりのみゆちゃんはほんとに真っ黒で、そのあまりの黒さにムスメが驚いておりました。

 無事に脱いだのを見届けた後、ムスメは幼稚園に、私は仕事に行き、帰宅してどうなりましたかねとピカリ水槽を確認したところ、なぜか奥様はセパレータによじ登っておられました。

c-miyu21-4.jpg

 まだやわらかい身体だろうに何故。ちなみに殻はそのまんま、塩ビ管の前に放置です。

c-miyu21-3.jpg

 殻があるせいで塩ビ管に入れなかったのか、何か他の不都合がおありだったんでしょうか。どうしたのかなあとか首を傾げていたんですが、夜になって驚愕の事実を発見。

 ち、稚魚の群れが! ピカリ水槽に稚魚の群れが!?!

 どうやらヨシノボリが孵化したらしく、えっらい数のちっこくて透明な魚がうようよしておりました。すごいびっくりしました。これはもちろん写真などありません。こんな透明なもん撮れるか!

 んで、どうしたらいいのかもわからないし、いい加減夜中だったし、お持ち帰りの仕事中でもあったので、とりあえずメダカの餌を振りかけて放置したんですが、これはもうどうにもならないでしょうねえ。ぐぐる先生にお伺いを立てたところ、すぐ飢えるので注意ということだったんですが……ちょっといま、ベタとザリガニで手一杯だよ私。

 とりあえず、ヨシノボリの稚魚を孵化させることができるらしいというのはわかったので、もしその気になる日がきたらチャレンジしてみようとは思いました。っていうかさ、いま冬だよねまだ。暦の上では春が来ましたけど、水槽の中は律儀に暦に従ってるんでしょうか。まあ、確かにやつらが生きてる世界は太陰暦っぽいですけどねえ。
プロフィール

ひろ

Author:ひろ

表題の状況から始まったザリガニ飼育。
その後追加で2匹捕獲。
水槽内で孵化した個体も含め、現在6匹飼育中です。
飼育に対するアドバイスなどいただけると喜びます。
記事へのコメントはお気軽にどうぞ♪

我が家のザリガニさんたち:
 ・ピカリ(オス)
 ・みゆちゃん(メス)
 ・名無しくん(ブラ×ふむ・オス)

 ・ふむちゃん(メス)
 ・シプレ(ブラ×ふむ・メス)
 ・コフレ(ピカ×みゆ・オス)

 ☆ブラボー(オス)10/10/07

我が家の水槽状況
ピカリ水槽(40センチ)
〔ロカボーイM(プロ)〕
〔大磯砂・珪砂〕
 ・ピカリ(オス)
(脱皮:8/3)
 ・みゆちゃん(メス)
(脱皮:7/26、8/29、9/30)
(抱卵:12/9→2/1)
(脱皮:2/4、3/2)
 ・名無しくん(オス・ブラ×ふむ)

ブラボー水槽(40センチ)
〔水作エイトブリッジS〕
〔大磯砂〕
 ・ふむちゃん(メス)
(脱皮:7/30、9/13)
(抱卵:2/8→)
(脱皮:4/2、4/26)
(抱卵:9/27→)
 ・コフレ(オス・ピカ×みゆ)
 ・シプレ(メス・ブラ×ふむ)

ミナミヌマエビ水槽(40センチ)
〔水作M〕
〔大磯砂〕
 ・ミナミヌマエビわらわら

ベタ水槽(30センチ)
〔コトブキプロフィットフィルターF1+底面〕
〔白大理石・飾りガラス〕
 ・マク(オス)



 ・ブラボー(オス)10/10/07
(脱皮:09/7/15、8/21、8/30)
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の餌(Twitter)
ザリガニ関連ブログRSS
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。